【観光】

ちいさな藍美術館

ちいさな藍美術館

かやぶきの里の中に位置する小さな藍美術館。
千木が7本乗っている大きなかやぶき屋根の中が美術館になっています。

藍染め作家の新道弘之さんが私設美術館として開館しました。1階は藍染の作業場となっており、藍染のための甕がみられます。2階の屋根裏部分には新道さんが学生当時から集めてきた300点余りの中から、インドネシアやナイジェリアの絞り染めなどをはじめ、江戸時代の作業着や中国の苗族の衣装などを展示されています。
美しい作品の数々と笑顔が素敵な新道さんに会いに、ぜひ訪れてみてください。

地図

ちいさな藍美術館