【観光】

歓楽寺

言い伝えでは東大寺の「四聖(ししょう)」にも数えられる行基(ぎょうき)が創立し、延暦年間(782~806年)には桓武天皇の勅願所(ちょくがんじょ)となりました。参道は木々に覆われた山道となっており、登っていくと本堂と山門があります。山門の金剛力士像は、鎌倉時代の慶派の仏師作とされており、筋肉の盛り上がりや衣の折り返しなどダイナミックな彫口は美術的にも価値が高く、京都府の指定文化財に指定されています。この金剛力士像は、昭和45(1970)年に行われた京都国立博物館の調査では重要文化財級とも評価されたそうです。

地図